これぞバイクの中のバイク その1 ヤマハXJR400

xjr400.jpg

 たしかH7~H12年('95~'00)にかけて、レーサーレプリカブームが落ち着き、カウルの無いバイクの人気が出てきた。いわゆる4stのネイキッドバイクである。('00年の排ガス規制もあった為、2stは壊滅状態。メーカが生産を中止し始めた)
 最も人気があったのはカワサキ ゼファー400cc。ゼファーは良いなと思っていたが、バイク雑誌等を読むとイメージ先行で買って後悔する人が意外と多いようだ。エンジン設計が古く性能がいまいちなのであまり走らない。で飽きてくるという意見を目にした(その後、改良型のゼファーχが発売)。
 ゼファーを買おうかな?と思っていたが予算がなく、しばらくあれこれ考えていたら、ゼファーに対向してヤマハも空冷400ccXJR400をH5年('93)を発売。おお!これは良い!デザインと性能、品質(タンク内がメッキ処理)これぞバイクの中のバイクだと思った。で、このバイクを買うべく貯金を開始(笑。ようやく買ったのはマイナーチェンジ後のXJR400(4HM4)だった。

 購入したのは行きつけのバイク屋さん。この時にインパルスが良いよ~と社長さんに勧められ、しかも試乗車があったのでちょっと乗り回した。が、やっぱり最初の思いどおりにXJRを注文(笑
初代インパルスは非常に好きだった。久しぶりに純正集合管がつき、しかもヨシムラと共同開発品だった。ごくたまに店で中古を見かけるときにはほしい!と思ってしまう。)

 しかし、乗り続けるうちにどうも違和感がでてきた。それはアクセルを開けたら開けた分のスピードがでてこない。スピードがのってこないのである。漠然とそんな感じを抱いていた時、バイク雑誌を読むと自分が感じでいたことが文章で書かれていた。そう、これだよなとハッキリ思った。初期のXJRってエンジンをガンガン回さないといけないようだ。そういえば、XJRが発売されたときにYSP店でXJRのプロモーションビデオを見せて貰ったことがあったが、滅多に誉めないフリーのバイクジャーナリストがコースで試乗し、非常に絶賛のコメントをしていたが、そのコメントの中でエンジンを回しまくって・・・とそんな感じだったことを思い出した。自分は始終エンジンを回しまくって乗るのは非常に気疲れする。。。

 その後仕事も忙しくなってあまり乗ることができなくなっていたら、なんとなくエンジンが不調になり、またバイクを3台も所有していることも負担になり、だんだんおもしろくなくなってきたので処分してしまった。

  教訓 イメージ先行で買うのはヤメましょう(笑

H7年5月~H10年6月('95~'98年)頃、所有。
2007-01-21(Sun)
 

コメントの投稿


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
プロフィール

yamei

Author:yamei
宮崎県日向市在住

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター