XT200でのツーリング その3の3

 しばらくして私の同級生・亡くなったOの同級生等数名が車で到着、私の同級生からOの家族へ連絡。夜半に家族が到着した。自分とKは秋田へ帰れる手段がないのでOの家族と一緒に実家へ行った。Kの同級生も2名付いてきてくれた。結局納骨までOの親類宅で数日すごすことになり、葬式・納骨でOの実家に行くとOの同級生が入れ替わり立ち替わり来ていた。
 彼らは事故について聞きたそうな雰囲気であったが、彼らへ事故のことを直接話すことはなかった。親御さんは事故の状況を警察また私たちから聞いていたので、親類や同級生には親御さんから説明があったのだろう。それでも彼らは当事者から聞いてみたいことがあったのではないかと思う。

 事故の状況は左コーナの途中でKにOが接触して転倒。Oとバイクは対面の路側帯に駐車していたトラックに突っ込んだようだ。何故Oが前車のKに接触したのかは判らない。Kも判らないと言っていた。突然ガツンと後ろからきたと言った。警察署内での事情徴収で警官がKとOがその気になっていたんじゃないの?とKに聞いてきたが、Kは「どういう意味だ!バトルのことか!そんなことはしていなかった」と激怒していた。自分もそう思った。そこまでやる技術と度胸は二人にはまだないような気がした。Kが減速したところへ疲れていたOのブレーキ操作が遅れたためではないかと思う。

 親御さん、親類の方は我々をとても気遣ってくれ責めるようなことは言わなかった。非常に辛かった。

 秋田に戻りKはバイクを降り趣味を車へ転向した。私もバイクは乗らなかった。XT200は買ったところとは違う店で売却し、スカイは後輩へただで譲った。Oのバイクを実家で見たが、ヘッドライトが破損している程度だったので意外な気がした。
2007-01-21(Sun)
 

コメントの投稿


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール

yamei

Author:yamei
宮崎県日向市在住

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター