四国一周・第三日目 9/11

 三日目の計画は、
  1)四万十川、佐田の沈下橋
  2)入野松原
  3)横浪黒潮ライン
  4)高知城、桂浜、坂本龍馬像、旧山内家下屋敷長屋、
   土佐山内家宝物資料館、地球33番地、坂本龍馬誕生地、
   大川筋武家屋敷資料館、寺田寅彦記念館
に昨日の予定だった足摺岬灯台と金剛福寺(第38番)を訪ね宿泊は高知市内となっている。
 
 朝5時半に起床する。何故かあまりよく眠れなかった。昨日の予定では足摺岬灯台まで行くはずだったが到着が遅れた為行く事ができなかった。そこで昨夜、夕食の時にここいらあたりの日の出時間をホテルの人に尋ねたら5:45頃なので、朝食に散歩がてらに行こうと考えた。しかし、天気をチェックしたら曇りの予報である。で、起きてみて窓のカーテンを開けたらやっぱり曇りだった。天気がよければ足摺岬の灯台まで散歩しようと思ったが中止する事にして、ホテルを出発した後に行く事にした。出発の準備をしていたら7時となり朝食の時間となった。朝食もかなりボリュームがあったがなんとか片づけた。
 ホテルの精算を終わらせ職場へのお土産を宅急便で手配した後出発した。2,3分走ったら灯台の駐車場兼金剛福寺(第38番)の前に来た。早朝にも関わらず人がちらほらいて、寺を撮影していたリュックをしょった男の外人さんもいた。
 まず、ジョン万像の前を通り、展望台へ向かう。左に天狗鼻、正面に太平洋、そして足摺岬の灯台が見渡せた。
IMG_0294_R.jpg IMG_0293_R.jpg IMG_0292_R.jpg
宮崎も太平洋はそれなりに水平線が見渡せる事ができるが四国は何故か格別に違う印象を受けた。ぐるっと水平線が自分の左右真横まで回り込みまた地球が丸い事が判った。これには感動!しばし眺めた後、次は灯台に行く。その前にジョン万さんの前で記念撮影(笑
IMG_0302.jpg IMG_0295_R.jpg IMG_0296_R.jpg
灯台を見学した後は金剛福寺(第38番)を訪ねた。辺鄙な所にあるお寺だが、なかなか立派なお寺だった。檀家は少ない感じがするのに収入はどこから得ているのだろうか。。。?
IMG_0303_R.jpg IMG_0304_R.jpg IMG_0305_R.jpg
 これで足摺岬の観光を終え次は四万十川に向かう。岬を一巡する予定で進んだはずだが途中で右折しなかった為、再び土佐清水市内に出てそれから321号線で四万十市に向かった。ホテルを出るときに高知市内までの所用時間を尋ねたらなんと3時間半との事だった。まあ焦らずに安全運転で行こうとマイペースで走った。
 たまたま休憩した四万十市内に入る手前で、観光案内の立て看板の地図を見たら、まっすぐに行けば目的地の佐田の沈下橋に出そうなので信用して進んだ。途中細い県道になったりしたが無事橋に到着!なんてきれいな川だろうかと思った。

・四万十川と佐田の沈下橋
IMG_0313_R.jpg IMG_0314_R.jpg IMG_0315_R.jpg 
 私は反対側からアクセスした為看板が無かったので気がつかなかったが、橋の上は駐車禁止だった。
10:00少し過ぎに四万十川とお別れし、今度は四万十市内(旧、中村市)で321号線から56号線に乗り換え、北上する。で、1時間もかからない内に入野松原に到着した。ここの松原は潮に対して段階的に植林されており興味深かった。(詳細は写真内の説明を参照)

・入野松原
IMG_0318_R.jpg IMG_0319_R.jpg IMG_0322_R.jpg
 松原を通り過ぎ本日のガス補給をする。ここでスタンドのおじさんに天気の事を尋ねたら、九州独特の「~と?」を、うっかり使ってしまい「九州の人?」と聞かれた(笑。おじさんはGSの組合で九州に行った事があったようだ。他にも話をしたらGS組合が作成した八十八カ所の寺の所在地図を貰ってしまった。これはなかなか面白い地図であった。
 56号線を快調にさらに北上する。交通量も少なく走りやすかった。途中、休憩にて道の駅「あぐり窪川」で休み、昼食代わりに地元産の米で作ったパンを食べた。これがもちもちしていて非常にうまかった。その他、売店にて職場へのお土産2つを宅急便にて発送する。
 次は須崎に到着する。この町なかを右折して地元ライダー・ドライバーに有名なドライブルート横浪黒潮ラインに突入する。若干曇り空になっていたが、それなりに眺めが良かった。確かにここは良いドライブルートだ。ただし、250cc以上?のバイクは22:00~5:00まで通行禁止の看板が出ていた。まあ、走り屋防止の為だろうなんとなく頷ける。。。

横浪黒潮ライン
IMG_0323_R.jpg IMG_0324_R.jpg
 ある程度ルートは確認するがここで面白い事を発見した。明徳義塾高校はこんな辺鄙な場所にあるとは思いもしなかった。本当かどうか実際来るまでは半信半疑だったが、来てみると本当だった。なんだかすごい場所にあるんだなぁ。。。それとここまで来るのにお寺があったが、36、37、38番はものすごく距離が開いている。自分はこんな長い距離は歩けないだろう。途中で行き倒れになる気がした。
 14:00過ぎにはこのラインを通り抜け、海岸沿いにまっすぐ桂浜に向かう。途中、疲れて眠くなったりした。。。笑

・桂浜
IMG_0330_R.jpg IMG_0332_R.jpg IMG_0339_R.jpg
 14:45頃到着。バイク駐車料金50円を払い坂本龍馬像を見学後、浜に降りてみる。意外に広々とした浜だった。ちょっとバテていたが向こうの神社まで歩いてみる。砂は細かい砂ではなく粗めの小石状であった。なんとかたどり着き歩いてきた浜を逆方向から撮影してみる。
 桂浜の次は坂本龍馬記念館に向かう。雨がぱらついてきたが、近くなのでカッパは着ない。館には龍馬の手紙や暗殺された時の屏風等が展示してあった。私は、あんまりここらの年代には興味が無い為あっさりと流した。ただ、海援隊の他に陸援隊がある事は知らなかったので驚いた。
 館を出るときには、さらに雨つぶが大きくなったので、カッパを着用し土佐山内家宝物資料館へ向かう。この手の館は入場時間は朝が遅く、最終が16:30頃なので今日中に見ておきたかった。なんとか見学時間を確保できる時間に到着し丁寧に見て回った。さっきの龍馬館より内部は狭いがこちらの方が私は興味深かった。
 次は旧山内家下屋敷長屋に向かう。雨は一時的にあがった様なのでカッパを片づける。ちょっと迷いながら到着。この建家は隣の婚礼会社の所有物らしい。また何かの会が催されているらしく車の出入りが多かった。駐車場所が見つからずちょっと通り過ぎた後、川沿いの道路に出たのでそこの歩道にブロンコを駐車して2~3分歩いて後帰り長屋に行った。この長屋は以前は見学料をとっていたようだ。

旧山内家下屋敷長屋
IMG_0341_R.jpg IMG_0342_R.jpg

 長屋を見終わったら17:00前になったので高知城には登城できなくなった。今日はこれで終了という事でホテルへ向かった。高知城は明日の朝に行くとする。

・本日のガス補給 5.28L
・本日の走行距離 201.5km
・本日の軌跡(大雑把に)
kyushi9.11.1.jpg
2007-09-27(Thu)
 

コメントの投稿


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

yamei

Author:yamei
宮崎県日向市在住

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター