スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

九州最東端へ! その2

 鶴御崎へ向かう途中で海事資料館というところがあるが、出かけるのが遅かった為にまず御崎の方を目指した。帰りに時間があれば寄ることにする。
しばらく走り続けたら、いよいよ見えてきました。
DSCN0377_R.jpg

到着です。ここも戦時中は砲台だったようです。
DSCN0389_R.jpg DSCN0378_R.jpg DSCN0380_R.jpg

灯台の裏に廻ると。。。
DSCN0383_R.jpg

とうとうキターんです。
九州最東端!見晴らしがなんていいんでしょうか!佐伯・四国・蒲江方面です。
DSCN0384_R.jpg DSCN0385_R.jpg DSCN0386_R.jpg
DSCN0387_R.jpg

景色を十分堪能したので引き上げます。帰りの時間がまだ許せそうなので海事資料館に寄ることにした。
DSCN0390_R.jpg DSCN0391_R.jpg
人気が無くどうなっているのかな?と思い奥の方に行くと受付がありました。実はこの裏が正式な入り口だったようです(笑)
 係の方は資料館の奥の方で家族連れに一生懸命説明をしていたので私になかなか気がつかない。やっと気づいてもらえ、料金200円を払いながら私は一人なので私には説明は無いだろうと思っていたら、ここに来るのは初めて?ということを尋ねられて、施設や灯台に関する主要な点を説明して頂きました。親切な係のおじさんでした。
 説明の中で、現役時代の資料館の瓦が展示されていおり、なぜか郵便局のシンボルマーク「」が刻印されている。説明によれば当時の海上保安庁は「逓信省」に属していた為にに同省のマークが海上保安庁のマークでもあったらしい。現在は郵政公社が引き継いでいるが、しかし、このマークは「テイシンショウ」の「テ」をアレンジしたものとは知らなかったので驚いてしまった。(tsutoさん、子供さんにも教えてあげましょう(^^))
 また今回は天気が良かったので約14km沖合の水ノ子島灯台を見ることができた。しかし資料館を一通り見学して再度確認したらすでに見えなくなってしまっていた。
01.jpg
この資料館で知ったのだが「新・喜びも悲しみ幾歳月」の舞台になったんだ~。芸能人のサイン等が置いてあった。最近は'03年に榎木孝明氏が訪れたようだ。当初はこの資料館はたいしたことは無いだろうからパスしようかと思っていたが尋ねて良かったと思った。渡り鳥館も良かった。初めて「ヨタカ」を見た。

最後に記念撮影。
DSCN0393_R.jpg

本日の走行距離約234km。18:00帰宅。
スポンサーサイト
2007-03-22(Thu)
 

九州最東端へ! その1

 昨夜から今日はどこかへ行こうと考えてはいたが、特に決まらずに朝起きてみたら、少し寒かったが雲一つ無い快晴だ。あわててツーリングマップル(昭文社)をパラパラとめくったら大分・佐伯市の九州最東端の鶴御岬が目についた。前から興味があったのでこれから出かけてもちょうどいいかなということでブロンコで10:30に出発した。

 まず国道10号線を北上して佐伯市に向かう。途中で宇目ドライブインへ休憩に寄ったら、あるライダがにこやかにお出迎えしてくれた。なんと会社の友人Kさんだった(通潤橋ツーリング)。少しの間よもやま話をして分かれ、30分ほどで佐伯市内に到着。市内を通り抜け鶴御岬まで海岸線沿いに行くと道が細くてクネクネしていて時間がかかるだろうと思い、迂回路的に米水津からふれあいトンネル経由で行こうとしたが、まず米水津行きで道に迷いあげくの果てに手前の鶴御岬トンネルで海岸沿いに出てしまった。最近なんだか道順の勘がにぶったような気がするなぁ。。。

 で、道を間違えながらもまず最初の目的地の「砲台跡(ミュージアムパーク丹賀)」に到着。管理人のおばちゃんが出てきたので入場料200円を払うと、ついてきなさいと言うのでついていくとゴンドラ?に乗れと言う ?(゜_。)?(。_゜)?
今、上に行ってるから下に降ろしますということで待つこと数分ゴトゴトいいながらゴンドラが降りてきました。
DSCN0371_R.jpg
スイッチは係員のおばちゃん用。ゴンドラ内部にもあり、お客側でも操作できる。私は操作して上にあがった。

到着です。右側の階段でも登って来れるようだが約160段あるらしい。。。(ちなみにこの登ってきたところが斜坑という弾薬を運ぶ運搬トンネルだったのです。当時はベルトコンベア式かなにかか?)
DSCN0337_R.jpg

さていよいよ砲台の真下を探検します。
ゴンドラを降りて、左側、正面となります。通路には資料が掲げてありました。右側は小部屋です(写真取り忘れた)。
DSCN0343_R.jpg DSCN0344_R.jpg

落ちたら怪我しそうな深い穴の機器用冷却水槽です。それと砲台の全容図、豊予海峡における各砲台の守備範囲です。たくさんあって広範囲を対象としていたんですね。
DSCN0340_R.jpg DSCN0346_R.jpg DSCN0349_R.jpg

では砲台の中心部に行きましょう。
砲台なのでコンクリートの作りががっしりしていて、物音が響きます。
中心部に出ました。そして中央の螺旋階段を登ります。壁面は暴発事故当時のままだそうです。
DSCN0355_R.jpg DSCN0358_R.jpg

DSCN0359_R.jpg DSCN0360_R.jpg
登りきって下を見下ろすとかなりの大きさの規模であることにびっくりします。また上部はドームにて覆われ、内部を風雨から保護しています。

 さて、ここから外の展望所に向かいます。
これがドームの全容です。
DSCN0362_R.jpg
ながめがいいです。大島・元ノ間海峡・鶴見半島となります。
DSCN0364_R.jpg DSCN0363_R.jpg

 ゴンドラは使わずに遊歩道(あまり整備されていない山道w)を歩いて降りてきました。真ん中の入り口は弾薬庫です。内部は広々としていました。また沖で漁の最中に引き上げられた二式大艇と思われるペラも展示してありました。
DSCN0365_R.jpg DSCN0366_R.jpg DSCN0368_R.jpg
DSCN0370_R.jpg DSCN0375_R.jpg
家を出てくるときは少し寒かったのですが、遊歩道を歩いたので体がちょうど良い感じに温まりました。
 さてここを後にして九州最東端・鶴御崎へ向かいます。
2007-03-21(Wed)
 

菜の花

 ぼちぼち菜の花が咲くはずなので、今日、西都原まで行ってきた。午前10時頃に到着したが観光客は少なく、写真撮影が気兼ねなくできた。来週あたりから多くの人で賑わうだろう。
DSCN0326_R.jpg DSCN0329_R.jpg

2007-03-18(Sun)
 

磨き

 エンジンカバーは元々バフがけしてあって割ときれいであったのだが、乗り回している内に汚れてきたので磨いてみた。サンドペーパとスポンジ型のサンドで磨いたが、素人の悲しさ故に傷が入りまくり適当なところでギブアップした。やめておけばよかった。。。(^^;
DSCN0323.jpg DSCN0324.jpg

2007-03-11(Sun)
 

ブロンコの部品 その4

・アルミフロントフェンダ
 この部品は2年前くらいにオークションで新品を落札したのだが、磨くのに疲れて棚の隅に放置したままですっかり忘れていた(笑 
DSCN0322.jpg

2007-03-10(Sat)
 

梅は咲いたか、桜はまだかいな。

 昨日マフラ交換後、軽く走った。向かったところは座論梅。しかし、時すでに遅く梅の花は枯れていた。1~2月上旬が見頃だそうだ。。。(^^;
DSCN0308_R.jpg DSCN0310_R.jpg DSCN0314_R.jpg
写真ボケボケです(笑
もうしばらくすると桜が咲き始める時期なので、チャンスを逃さないようにしたい。
2007-03-04(Sun)
 

う~ん。。。

 マフラが錆等でこぎたないのでかなり以前に自分で塗装したが、キャブからガソリンがあふれて(キャブ交換前の古い物)マフラにかかりせっかく塗装した面がガソリンの垂れた跡で見苦しくなった。
 そこで思い切って再塗装に出すことにしたが、マフラの塗装を施工している店が無く、やっとたどり着いたのが西村コーティングだった。HPはあるがメールのやりとりはやっておらず電話にて依頼した。待つこと約半月やっと本日取り付けができた。
DSCN0306_R.jpg DSCN0307_R.jpg
なかなか良い仕上がりです。しかし新品を買うよりかは安くあがったが、それなりの費用がかかってしまった。。。。(-_-;)
2007-03-03(Sat)
 
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール

yamei

Author:yamei
宮崎県日向市在住

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。