うれしいかぎりだ

4月はヤマハとホンダから新車が発表された。新車発表がたくさんあるのは、うれしいかぎりだ。80年代は毎月なにかしらの発表があり、バイク誌を読むのが楽しかった。
SCR950が良いと思うがもう少しなにかが?マフラーがおとなしいのか?ホンダは昔なつかしいレブルの名称を復活してびっくりしたよ。

2017-04-29(Sat)
 

とにかくいろいろと残念

モンキーが終了かぁ~。時代の流れを感じます。若い人は原付に乗らないんだ。ギア付はなおさらだろうな。おもしろいんだけどなぁ。とにかくいろいろと残念(´・ω・`)

----------------------

・ホンダ「モンキー」生産終了…排ガス規制強化で8月末
 ホンダは24日、排気量50ccのミニバイク「モンキー」の生産を8月末で終了することを明らかにした。今年9月から国内の排ガス規制が強化されるため、小排気量車で規制をクリアするのは技術や生産コスト的に困難と判断したという。
毎日新聞2017年3月24日 20時16分(最終更新 3月24日 23時46分)

・ホンダ「モンキー」、8月生産終了 排ガス規制強化受け
 昭和の若者に愛されたホンダの原付きバイク「モンキー」が、誕生から半世紀の8月、生産を終える。いまの若者は原付きに乗らなくなり、9月からの排ガス規制強化に対応できないことが決め手となった。1967年に発売された初代モンキーは、東京都日野市にあったホンダ系列の遊園地「多摩テック」の遊戯用バイクを公道で走れるようにしたものだった。折りたたんで車に載せ、旅先で乗る「レジャーバイク」としても使えた。赤と白を基調とするデザインも人気を呼んだ。ただ、原付きの販売台数は近年、80年の1割ほどに減った。新たな排ガス規制では浄化装置を付ける必要があり、コスト高から製造継続を断念した。多摩テックも客足が落ちて2009年に閉園した。モンキーの累計生産台数は昨年末で約66万台。創業者の本田宗一郎氏が手がけたオートバイ「スーパーカブ」に次ぐロングセラーだった。
朝日新聞2017年3月24日19時51分
2017-03-26(Sun)
 

ロードスターカフェスタイル

ハーレー自身によるメーカーカスタム、ロードスターカフェスタイルが受注生産される事となった。良いスタイリングです。ただそれでもハンドル幅が広そうな気がする。
2017-02-28(Tue)
 

バランスが悪そう

ブロンコの錆びたバックミラーのさび落としを考えたが結局面倒になり、ネットで探したら似たようなものがあったので購入した。しかし、判ってはいたがミラーの径が若干大きいのでバイク全体とのバランスが悪そうだ。取り付けてみて変だったら、いよいよ純正ミラーの装着か?
IMG_1148.jpg
2017-01-31(Tue)
 

振り返ると

今年も今日で終わり。
振り返るとツーリングは全くなし。
ブロンコのエンジンが素直にかかってくれたのはホッとした。
TRXは未始動、来年は車検の年だ。ブロンコ同様にバッテリーを交換してみたい。
2016-12-31(Sat)
 

世の中変わるもの

少し前の記事。世の中変わるものだなぁ~。あれだけたたき売り合戦(HY戦争)をやったライバル会社がねぇ。たしか定価の半額くらいだったような気がする。門川にあったビッグバン(旧サンケイ)にホンダのスカイが販売されていて値段が3万前後?だったと思う。思わず手がでそうだったが貧乏学生だったのであきらめた。

協業の背景として、
・国内の二輪車市場は、ピークだった1982年ごろに年間300万台規模だったが、いまや8分の1に落ち込み、わずかおよそ40万台。
・四輪車業界では、ライバルメーカー間の業務提携が一般化しOEM供給している。しかし二輪車業界が四輪に比べてOEM供給が遅れた理由は、「HY戦争」にあるのは間違いないだろう。乱売合戦の遺恨は、それほど長く残っていた。
・OEM供給がスタートすれば、そのうち「ジョグ」「ビーノ」の2機種をホンダの熊本製作所で生産予定。
宿敵・ホンダとヤマハが手を組むバイク産業の落日(2016年11月29日 yomiuri onlineより抜粋)


---------------

Hondaとヤマハ発動機が原付一種領域における協業の検討を開始(2016年10月5日発表)

 本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、Honda)と、ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ)はこのたび、日本国内の50cc原付スクーターや、電動二輪車を含めた原付一種※領域での協業に向けた業務提携について検討を開始しました。
 近年、日本では電動アシスト自転車や軽自動車など、近距離での移動手段の多様化により、原付一種市場は縮小しています。また、強化される保安基準や排出ガス規制など法規制への対応、さらには電動化の推進など、二輪車メーカーとして取り組むべき課題に直面しています。
 こうした環境下、Hondaとヤマハはこれらの課題解決に向けた協力が必要、との共通認識に立ち、以下の項目に関して日本国内での原付一種領域における協業を目指します。
※ 第一種原動機付自転車。道路運送車両法で定める、総排気量50cc以下のエンジン、または定格出力0.60kW以下の電動モーターを搭載する二輪以上の乗り物
【協業に向けた主な検討内容】
1.50cc原付スクーターのOEM供給
Hondaが生産・販売を行う日本市場向け50cc原付スクーター「TACT(タクト)」・「Giorno(ジョルノ)」をベースとしたモデルを、2018年中の開始を目標に、ヤマハへOEM供給します。
ヤマハは、このOEM供給を受け、それぞれ「JOG(ジョグ)」・「Vino(ビーノ)」に該当するモデルとして販売する予定です。

2.次期50cc原付ビジネススクーターの共同開発・OEM供給
現在、日本市場向けにHonda「BENLY(ベンリィ)」、ヤマハ「GEAR(ギア)」としてそれぞれ開発・生産・販売している、50cc原付ビジネススクーターに関して、次期モデルの共同開発、及びHondaからヤマハへのOEM供給を検討します。
3.原付一種クラスの電動二輪車普及に向けた協業
日本市場における原付一種クラスを中心とした電動二輪車の普及を目的に、航続距離・充電時間・性能・コストといった課題の解決を目指した基盤づくりの協業を検討します。そして、今後生まれる取り組みの成果を同業他社、異業種にも広く提案することで、電動化の普及に取り組みます。

 Hondaとヤマハは、今回の協業により、原付一種という身近な移動手段を通じてお客様の生活をより豊かなものにすると共に、日本二輪車市場の更なる活性化に向けて取り組んでいきます。

本田技研工業株式会社 取締役 執行役員 青山真二のコメント
「今回の協業を通じて、お客様の期待を超える原付一種商品を提供することで、日本の二輪車市場の活性化と、将来の電動二輪車の一刻も早い普及に向けた市場環境づくりに全力で取り組みます。」

ヤマハ発動機株式会社 取締役 常務執行役員 渡部克明のコメント
「このたびのOEM提携をきっかけとしてスタートすることとなった協業は、単なる製品供給の枠を超えた、日本の二輪車文化の未来を拓く活動であると確信しています。」

以上ヤマハHPより
2016-12-11(Sun)
 

もどらない

町の小さな本屋をふらりと入ってみたらMT-07、09の特集本があったのでつい買ってしまった。いろいろメーカーの思い入れがあっての満を持しての発売だったようだ。でもデザインはなんとかならないかなぁ。最近のデザインはヨーロッパあるいはいかにも東南アジア向けのデザイン?と思う。またなんだか爬虫類のような印象を受ける。80年代のころのデザインがなつかしいなぁ。
あのころの雰囲気にはもどらないよね・・・(´・ω・`)
P1010464.jpg
2016-11-29(Tue)
 

バイク用品店

2015年10月、都城にバイク用品店「ライコランドcube都城店」ができているのが気になっていて、昨日やっと行ってみることができた。店舗はそう大きくないがパーツがいろいろあり、またそれらがキラキラ光っていたので眺めているだけでも楽しかった。
P1010408.jpg

2016-11-06(Sun)
 

傷んできていた

約一か月前にブロンコを掃除した時にフロントフォークブーツが傷んできていたのに気が付いた。亀裂が入ってきているような感じだ。
P1010406.jpg

新しいものと交換したいと考え、在庫をヤマハの部品情報検索で確認したら「販売終了」とある。生産中止か?もう在庫がないのか。まいった。汎用品でセロー用のブーツがあるが、合うのかなぁ?買っておいた予備の部品と寸法チェックをしたい。以前交換用と思って購入しておいたのだが、使うことはできないな。
P1010404.jpg
2016-10-30(Sun)
 

がっかり

サビたブルーミラーを純正ミラーに交換する前に、もう一度新品を購入して取り付けようと考えなおして通販で注文した。しかし、中々返事が来ずやっとメールが来たと思ったら、まさかのメーカー欠品だそうだ。がっかり・・・(´・ω・`)
さてどうするか、シコシコ、サビ取りしてみるか?
2016-09-27(Tue)
 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

yamei

Author:yamei
宮崎県日向市在住

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター